自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOMEスタッフブログ > 鈴木さん

鈴木さん


外構工事・お庭のリフォーム・エクステリア専門 埼玉の(株)エコ.グリーン設計 代表の小林です。

こんにちは。

毎日毎日、決まった時間に子供たち全員に声をかける人・・・・。  交通指導員の鈴木さん。

子供たちが成長する過程において「おおきな声であいさつすること」は絶対に必要なこと。
それができない子供たちが少なくないと言う。

鈴木さんは、一年生から六年生まで全員の、顔と名前分ると言う。
○○ちゃんおはよー   ○○君ケガはどう?   これが普通に出てくる。
そして最後の一人と一緒に途中まで登校し、車の中で着替え出社する。
これを毎日続ける。

鈴木さんは私の3つ上の44歳。
消防団の元分団長でもあり、幾度となく一緒に火事場にいきました。

消防団も大変です。夜中であろうと火事が起これば真っ先にかけつけます。

「消防団て、酒ばかり飲んで騒いでる人たち?」と思う人もいますが、それは大きな間違いです。

東日本大震災で多くの消防団の同志がお亡くなりになりました。これが消防団です。

心外な言葉やウワサは、やらない人の言い訳にしかきこえません。

年間80日くらいの活動で、年俸制で約4万円でした。一回の出動で約500円です。夜中から朝まででも500円です。
時給にするとマイナスになります。交通費もありません。
火事場では赤十字の炊き出しが行われ、そのご飯が無料でもらえます。この赤十字の方々もボランティアです。

私も15年間消防団にお世話になりました。
金銭的は大きく赤字です。しかし、精神的・人としては、すごく黒字でした。

「衣食足りて節制を知る」という言葉がありますが、私利私欲や打算。自分のことばかり・・・では、世の中はよくなりません。

山手線によく乗りますが、誰かが倒れたら、ホームに落ちたら、すぐ助けたい。って私はそう思っています。
もし、私が倒れたら、誰かが助けてくれるのだろうか?って思う事があります。

・・・・・鈴木さんの活動は、誰も知りません。そこに見返りや打算はありません。
    でも、みんなが助かっています。みんなが安心できます。

この交通指導員活動や消防活動は、日本の至る所で行われています。

もし、どこかで見かけたら、

心の中で「御苦労様」って言って上げて下さい。

外構工事・お庭のリフォーム・エクステリア専門 埼玉の(株)エコ.グリーン設計の小林でした。

8月8日に事務所 引っ越ししました!!

お問い合わせはこちら