自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOMEスタッフブログ > アンリウムの育て方 トラブルと対処法

アンリウムの育て方 トラブルと対処法

こんにちは。

外構工事・お庭のリフォーム・エクステリア専門
埼玉の(株)エコ.グリーン設計 オギノです。


鮮やかなグリーンの葉と光沢のある
赤の組み合わせが印象的なアンスリウムのご紹介です。
 


開花期が長いことが特徴で、次々と花を咲かせるため、
育てる楽しみが大きいのも魅力の1つです。




アンスリウムの花というと一般的に「赤いハート型の花」を
イメージすることが多いと思いますが、



実はアンスリウムの花は「赤いハート」の部分ではなく、
その先にある「黄色の突起物」です。
 


アンリウム

一年中室内で楽しめるアンスリウムですが、光沢のあるきれいな花と葉、
綺麗に保つには、いくつかのポイントがあります。


 ①日当たりがよく、風通しのよい場所で育てましょう

 ②水やりは土が乾いたらたっぷり与えましょう

 ③アンスリウムは寒さに弱いので、秋~冬に気温が下がってきたら室内へ入れてください。
151
①水の与え過ぎや多湿が原因で葉が黄色くなることがあります。

 焦って肥料を与えてしまうと、逆に状態を悪化させてしまう可能性あります。
 このような場合は、肥料に比べ養分が少なく、元気の無い植物にも負担をかけない「活力剤」を与えてみて下さい。
 強い日差しに当てると「葉焼け」を起こします。葉焼けした葉は元には戻りませんのでご注意。
 

②元気がないときの対処法
 
 土に肥料を与えてみて下さい。
 肥料は気温が低いうちは肥料をやっても効果がない上に、根腐れを起こすことがあるので、
 気温が十分に上がってくる5月中旬から与えるのが効果的です。
 月に1回、生育状況を見ながら肥料を与えると、成長もよくなり葉の色つやもぐんとよくなります。
 
 
 
③花を咲かせたいとき
 
 アンスリウムは葉が増えることで次々に花を咲かせます。
 葉が増えない場合は、「根詰まり」、「肥料不足」が考えられます。
 根詰まりしている場合は植え替えをしてあげましょう。


鉢植えに適した観葉植物で、華やかな見た目でインテリアに彩りを与えるのに役立ちますので、
育ててみて下さいね。



お庭のことなら何でもお任せ!

外構のリノベーションも
お気軽にご相談ください。


オギノでした。


フリーダイヤル:0120-028-090(オニワハキレイ)
FAX:048-520-3956
外構エクステリアを通じて環境保全を考える
埼玉県の株式会社エコ.グリーン設計
和モダンテイストのリノベーション外構1
お庭をリノベーションした


お庭の施工事例のページも更新中!


その他の施工事例
こちらからどうぞ →【施工事例】
お問い合わせはこちら
関連のスタッフブログを見る