自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOMEスタッフブログ > ある日の午後の話~つづき

ある日の午後の話~つづき

外構工事・お庭のリフォーム・エクステリア専門
埼玉の㈱エコ.グリーン設計のタカハシです。

今日は私のある日の午後~つづきを紹介します。

とある農道を入っていきました。
農道に入ってみたら
道端にイワダレソウ
イワダレソウが咲いています
イワダレソウが咲いている道端を入っていくと
そこはちょっとした棚田(らしき)が広がっていました。

そして、棚田(らしき)の上流にはため池(沼)
があり、よく見ると…。
棚田
農道を入った先には沼が
沼の中にはフナ?鯉?
沼をのぞいてみると魚が
さかな君がパクパクといるではないですか。
コイなのかフナなのかわかりませんが、
数匹いるのがわかります。

しばらく眺めてから更に奥へ進んでいきました。



奥へと進んでいくと森林が
樹齢300年の大木
そして、そこに現れたのは大きな大木。
某、放送局の朝ドラに出てくる樹齢300年の大木ではありませんが、
そこそこ大きな杉の木でした。
ちょっとした発見をした気分になりました。


更に進むと急な登坂です。

更に進むと急な登坂
登った先には何があるのでしょう?
この坂の上には何があるのだろうかと
期待に胸を膨らませて上っていくと、

そのには、



ただの道に出ただけでした。

ちょっと残念…。



気をとりなおして
散策
気を取り直してまた下って先ほどの沼まで戻り、
沼の周りをまわってみました。


森林の中には沼が
自然の中をお散歩
すると、誰が使うのかわからないベンチがあったり、
これは何、ロープが木にかけてあります。


一休みできるベンチ
木にはロープがかけられています
なぜかフックが一つ
何故かフックが1つだけ。

もともとは2つあったのか、何のために、
誰がつけなのか…。
 
どうでもいいことですが、ちょっと気になります。

と、沼の周りを一周しているうちに、元来たところに
戻ってきました。

そこではまだ、さかな君たちがパクパクやっていました。
PXL_20210616_072412875.PORTRAIT_R
PXL_20210616_072405704.PORTRAIT_R
 

と、たわいもないある午後の話でした。

なかなか遠出ができない昨今、
身近なとこで小さな発見をしてみるのもいいと思いました。




おまけ

先日、実家の庭にムラサキシキブが咲いていました。

小さいけれど控え目できれいな花でした。



ムラサキシキブ
ムラサキシキブアップ

焼きえだまめを作ってみました。

ゆでたのはまた一味違って、香ばしく、甘みがより強く
感じられた気がしました。(気がしただけ?)
焼枝豆
枝豆おいしく頂きました
外構工事・お庭のリフォーム・エクステリア専門
 埼玉の㈱エコ.グリーン設計のタカハシでした。



フリーダイヤル:0120-028-090(オニワハキレイ)
FAX:048-520-3956
外構エクステリアを通じて環境保全を考える
埼玉県の株式会社エコ.グリーン設計


その他の施工事例は
こちらからどうぞ →【施工事例】


小林徹コラムも毎日更新中!
こちらからどうぞ → 【小林徹コラム】



お問い合わせはこちら
関連のスタッフブログを見る