自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOMEスタッフブログ > 子育てと庭造り Part II

子育てと庭造り Part II


こんにちは。つかだです。

今日の埼玉県深谷地方はとても暖かく、午前中から物置の整理をしていた私は汗だく。
そしてお昼に大好物の坦々麺を食べると午後は眠気が・・・
春眠暁を覚えず  うなずけます。

そんな暖かな昨日の帰り道、自宅の近くの空き地にキジを発見!
立派なオスでした。
「おーきくなったね〜」と感動する息子。
去年、寒くなるまでは小さくてかわいい子どもをつれたキジの家族がちょくちょく出没。その子どもにしては、大きすぎる気もしますが、息子は子どもだと思いこんでいるよう。

自宅の庭でも様々な鳥を観察できます。
ジョウビタキ、ヒヨドリ、ムクドリ、オナガ、名前がよくわからない小鳥。
そんな環境で育った子供たちは、鳥が大好き。
なぜ鳥が多いか・・・餌となる実や虫も豊富なのです。
立派なカマキリやキリギリスも子供の友達です。

ジョウビタキは車のミラーが好きなのか、鏡に映る自分の姿に反応(?)し、いつも私の車のミラーに遊びにきていました。おかげでフンが車につき大変。でも、ミラーを前にしたジョウビタキを観察するのも楽しみでした。

「知ってる?(鳥の中でも)すぐ逃げるヤツもいるし、なかなか逃げないヤツもいるんだよ。」息子。
(ふーん。うちの場合、逃げるのは息子で、逃げないのは娘か・・・)母。

雨の日も風の日も、はたまた雪の日も、学校までの長い道のりを子供の目線で様々な物を観察しながら歩いてゆきます。
改めて、自然がある環境はとても大切ですよね。

雑草や虫が苦手な方も多いと思います。
お子さんには是非自然を体験させてあげたいものですよね。
ご自宅のお庭の一隅にそんな空間が増えたらなあと思います。

今日も元気よく「行ってきまーす!!」と登校していった子どもたち。
そろそろお迎えの時間です。

皆様、よい三連休をお過ごしください。

<写真>
tori 娘画

外構エクステリアを通じて環境保全を考える
埼玉県の株式会社エコ・グリーン設計

お問い合わせはこちら