自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOMEスタッフブログ > 優雅にダンス スマートでかっこいい「ナベヅル」

優雅にダンス スマートでかっこいい「ナベヅル」

外構工事・お庭のリフォーム・エクステリア専門 埼玉の㈱エコ.グリーン設計の荻野です。

みなさん 「ナベヅル」 を ご存知ですか?


ナベ … 鍋(調理器具)?

ツル … 鶴(鳥)?

ツル … 蔓(植物)?


???


今回ご紹介したいのは 鳥類・ツル目・ツル科に属する 「鶴」 です。

どんな鶴なのか 「ナベヅル」 ちょっと調べてみました。

 *越冬のため シベリアから日本へやって来る 渡り鳥
 *国の特別天然記念物に指定されている
 *絶滅危惧種
 *世界に生息する1万羽のうち 9割が鹿児島県・出水市で冬を越す
 *埼玉県内で確認されたのは 1997年の年末から1998年にかけて 行田市内で 1羽だけ
 *全長1メートル弱
 *名前の由来は 羽色が鍋についたすすのような黒さ


わかったのは 「とても珍しくて なかなか見ることが出来ない 鳥」 ということ。


2015-03-15 ナベヅル 発見しました!

埼玉県深谷市で 「ナベヅル」 発見しました。


2月半ばには 川のほとりにいる姿を 見ることができ、
今回は 自宅から近くの土手のそばにある田んぼで 撮影することができました。

群れで行動していることが多いそうですが 私が見たのは 1羽だけ でした。


私は 「鶴の恩返し」のお話の影響からか
ツルには 女性っぽいイメージを持っていたのですが
ナベヅルは 男性っぽい・黒さがカッコイイ・りりしい・ハンサムといった印象でした。


2015-03-15 立ち姿がかっこいいナベヅル
立ち姿のかっこいいナベヅル
2015-03-15 スマートに落ち穂をついばむナベヅル
スマートに落ち穂をついばむナベヅル
田んぼで 落ち穂をつついて食べている様子は撮れたのですが
ぴょんと羽をひろげて飛んだところは 上手く撮れませんでした。

はじめは遠くから見て 撮っていたのですが
「そばに行っても逃げませんよ」 と 毎日撮影に来ている写真家の方から聞いたので 近くへ行ってみました。
写真家の方の話の通り 「ナベヅル」は 逃げませんでした。 人間慣れしているようでした。


1羽だけですが まだ います。
朝から晩までいます。

優雅にダンスする姿を 来年も見たいなと思います。

外構工事・お庭のリフォーム・エクステリア専門 埼玉の(株)エコ・グリーン設計の荻野でした。


フリーダイヤル:0120-028-090(オニワハキレイ)
FAX:048-520-3956
外構エクステリアを通じて環境保全を考える
埼玉県の株式会社エコ.グリーン設計
2015-03-15 深谷の田んぼで優雅にダンスするナベヅル 新聞記事より
お問い合わせはこちら