自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOMEスタッフブログ > ぷらぷら散歩~大沼公園編~

ぷらぷら散歩~大沼公園編~

外構工事・お庭のリフォーム・エクステリア専門

埼玉の㈱エコ.グリーン設計のタカハシです。


秋も深まってきて散歩をするのが楽しい季節になってきましたね。

先日熊谷市の大沼公園をちょっと散歩してきました。


熊谷市の大沼公園をちょっと散歩してきました
大沼公園は、その名の通り大沼周辺を囲むように作られた公園です。

昭和8年に大沼が改修された後、
沼の中央にある弁天島と沼岸をつなぐ朱色の橋が渡され、
風景を楽しむ景勝地として整備されたそうです。

では、1周してみます。



沼の中央にある弁天島
沼岸をつなぐ朱色の橋

朱色の橋が架かる弁天島が近づいてきました。
木々が色づいているのが見えます。


木々の緑が豊な場所で、散策するには もってこいの場所

公園の中は県の自然環境保全地域に
指定されているアカマツ林など
木々の緑が豊な場所で、散策するには
もってこいの場所です。
この大沼には野鳥や水鳥も多く飛来してくるので、
バードウォッチングも楽しめるとの事です。


黄色に色付いた葉っぱ
木々が色づいているのが見えます
赤色に色付いた落ち葉
きのこ

周囲の木々や足元を見ると
色づいた葉っぱやキノコが秋の深まりを教えてくれます。



いよいよ弁天橋につきました。
橋を渡ってみます。



弁天橋に近付いてみます
弁天橋
弁天島には、弁天神社があり
日本最古と言われる銘板碑のレプリカが設置されています。


弁天神社
PXL_20211107_030836980_R
歩き始めた時に見えた木々を見ることができました。
緑から黄・赤に変化するグラデーションが青空にとても映えます。


緑から黄・赤に変化するグラデーションが青空にとても映えます
グラデーションが青空にとても映えます
赤や黄色に色付いた木々
では、遊歩道に戻ります。

改めて周囲を見渡すと、
何処か地方の別荘地の様にも見えてきます。



大沼公園を散歩
PXL_20211107_031238003_R1
PXL_20211107_031035896_R
PXL_20211107_031709068_R2
PXL_20211107_031848454_R
そしてもう一つ改めて見たものが足元の蛇篭。


足元の蛇篭
蛇篭は英語で「ガビオン」
蛇篭は英語で「ガビオン」
元々蛇篭はこの様に護岸工事に使われるのが一般的でしたが、
そのユニークな装飾性が注目され、ヨーロッパをはじめとして、
ここ日本でも生活環境プロダクトの一つとして
使用されるようになったようです。
ガビオンのオブジェや門柱は如何ですか。
こんな感じです。

皆さんの家のお庭にもガビオンのオブジェや門柱は如何ですか。
 
秋のぷらぷら散歩、みなさんもいかがですか。

外構工事・お庭のリフォーム・エクステリア専門
埼玉の(株)エコ.グリーン設計のタカハシでした。

フリーダイヤル:0120-028-090(オニワハキレイ)
FAX:048-520-3956
外構エクステリアを通じて環境保全を考える
埼玉県の株式会社エコ.グリーン設計




おまけ

ホームセンターのセキチューにこんなのありました。



PXL_20211109_025434285.PORTRAIT_R1-e1636725282321

お庭の施工事例のページも更新中!


施工事例
こちらからどうぞ →【施工事例】
お問い合わせはこちら
関連のスタッフブログを見る