自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOMEスタッフブログ > タンポポのように綿毛がついていることから名付けられたトウワタ

タンポポのように綿毛がついていることから名付けられたトウワタ

こんにちは。

外構工事・お庭のリフォーム・エクステリア専門
埼玉の(株)エコ.グリーン設計 オギノです。


公園などでも
初夏から秋までを彩っているお花

トウワタ」のご紹介

こちら
トウワタ

トウワタの茎などを傷つけると
白い乳液が分泌されます。


その乳液の毒性は強く、
注意が必要です


トウワタ(唐綿)は
実から種子にも特徴があります。 


花が落ちた後、角状の果実へ。


この実は大きくなりながら、
熟して色も灰褐色に変わります。


実は、さやとなり・・・、熟したさやには、
白い毛の付いた種がぎっしりと詰まっています。


やがて、さやは割れて、
白い綿状の冠毛を付けた茶褐色の種子が、


顔を覗かせます。


そして白い綿毛をまとった種子は


風で運ばれて、
あちらこちらに生えます。


オギノでした。


フリーダイヤル:0120-028-090(オニワハキレイ)
FAX:048-520-3956
外構エクステリアを通じて環境保全を考える
埼玉県の株式会社エコ.グリーン設計
 
お問い合わせはこちら