自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > 天然自然と人工的自然

天然自然と人工的自然

20140804

今日も 那須リゾートに来ています。


背丈ほどある 「カヤ類」 とそれらに、巻きついた 「ツル」

汗だくの服と、グズツルが身体にまとわりついて 上手く動けない

僕の居る那須は、劣悪な那須…。

炎天下と ヘビ ・ ハチ ・ ケムシ ・ イボガエル がセットの那須の森。
ある意味 これが天然の自然。

でも、一人だと少し戦意喪失中…。


もし、この森で倒れても 誰も気付いてくれない。なんの為に こんなに一生懸命なんだろ!

そう考えると、ヤバい  緊張する。

ヘビに咬まれたら! ハチに刺されたら!


なーんてっ。

誰も居ないから 考えても無駄かぁ~。

それにしても、「人、ひとり」の力なんて無力だなぁ。細いツルだけで転ぶ 動けない。人なんて、自然に生かされているだけだ。小さいなぁ。


ヤバい、この森に居ると「もののけ姫」宮崎駿ワールドが広がっていく。何かに出逢うかも 見えるかも


なーんてっ。やっぱり独りだ…。



明日は、当社のスタッフが参戦予定。危険な箇所は、僕が先回りして確認しよう。

大自然を満喫中。贅沢だなぁ