自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > 雑草なのか、野草なのか?

雑草なのか、野草なのか?

201409061
出社途中にスーパーがある。その敷地内に、草がボウボウ生えている。

「雑草だ!!」

雑草…。

人間にとって役に立てば 名前がもらえる。

人間にとって悪いことをしても 名前がもらえる。

「どうでもいい草」 は、名前も どーでもよくて ざっくり アバウトに 「雑草」 と呼ばれる。

中途半端な草は、中途半端な扱いだ。

本当は、しっかりとした 名前がある。

しかし、覚えたところで 「得」 もなく、一生で使う場面も ほぼ ない…。

中途半端に知っていて、自慢気に語ると、尊敬より マニアとして扱われる…。


まぁ 何でも 中途半端 は駄目なんですね。

食べられると 「野菜」
薬になると 「薬草」
花が咲くと 「草花」
中途半端は「雑草」

う~ん。なんか さみしい。 

中途半端は 何でも 「さびし~い」 と言う事です。

「中途半端な行動」 は「中途半端な結果」 になります。

(※中途半端とは…物事がいい加減な様子。完成しないさま。)


でも、中途半端だから、 良い事もある。
中途半端だから、悔しくないし、傷つかないし、涙も出ない。
ある意味  楽だ。

「失敗しない方法?」それは挑戦しない事。そう考えると、すごく楽だ!

しかし、多くの成功者は 沢山 失敗しているそうです。

どっちが、いいかは、自由です。価値観です。


僕は「中途半端」は選ばない…。


そうそう、これからは、雑草と呼ぶより 「野草」 と呼んであげてくださいね。

「野草」 なら、玄関前が、ボウボウでも 高原の様な…。

何か いい感じが してきた  でしょっ。