自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > コーヒーの話

コーヒーの話

DSC_008221

軽井沢でいただくアイスコーヒ一1杯800( 空気代含む)

 

東京帝国ホテルでいただくアイスコーヒー1杯1300(ブランド代含む)

 

エコ.グリーン設計で 出されるアイスコーヒー。

 

「なんと!」

 

0(笑顔代含む)

 

「現代の名工」が造ったお庭つき+「愛情たっぷりエコ畑」で取れた、新鮮な果物付で 0円です。

 

どれだけ、軽井沢や帝国ホテルが凄いかが、わかりますね。

 

1300円の価値」があるから、売れるんですね。付加価値は努力料です。

 

努力料は、努力した人だけに許されるアドバンテージです。

 

当社の庭のコンセプト。

それは、「暑いぞ 熊谷!」なのに、「軽井沢みたいな感じ」の空間。です。

 

それを表現するには、もう少し時間がかかりますが、「熊谷に素敵な軽井沢」を創るのが、私の夢の一つなんです。

 

あぁっ。そうそう。アイスコーヒーですが、コンビニのアイスコーヒー 美味しいですよね。私 大好きです。

 

軽井沢アウトレットにゴディバや、タリーズがお洒落にありますよね。

同じ空間の中に、セブンやセーブオンもあって

同様にアイスコーヒーを売っています。

 

私は、う~… セブンが一番 美味しいって思っています。

 

 

「選択」は そう、人それぞれです…。

 

伝えたい事は、

 

「4つの選択肢があってセブンを選ぶのか」

 

「タリーズと、ゴディバしか知らないでタリーズを選ぶのか」

なんです。

 

要するに、2個から1つを選ぶのか?4個から1つを選ぶのか?って事なんです。

 

「専門家」は4個知っている必要があり、全ての特徴と性質を説明できなければなりません。

 

その説明から、お客様は「答え」を導き出すのです。

 

専門家が2個しか知らない!

後で4個ある事が判明…。では、悲しいですよね。

 

「最高」も「最低」も知っている中で、「自分の身の丈」にあった選択をする。

 

ここをしっかりできる事が「努力料」に繋がり、アドバンテージを頂ける事だと 思っています。

 

DSC_008421
DSC_008324