自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > 見る角度 続編

見る角度 続編

続編


まぁ なんでもチャレンジですね。

しかし、経験をのせる「器」が必要ですね。

何でも受け入れる「器」。何でも のせられる「お皿」がないと、せっかく のせても こぼれて落ちちゃいます。

先に、「器」ですかね。

「器」とは?
 うーん。「心の準備」ですかね。

「心の準備」とは?
受け入れるだけの「気持ち」ですかね。

簡単!!!

「前向きな気持ち」=「器」なんです。

前向き!前向き!

?????

どうすれば「前向き」になるだろう?

それは「簡単」


答えは、笑う(^^) こと です。


「簡単でしょ!」

笑いたくないのに「笑えない…。」

口角を上げる「努力」ぐらいできるでしょ?

何~にも 努力しないで、そんな「都合のいい話」はないですね。
20140922-1
20140922-2
この写真 実は、先日那須高原の現場に向かう途中の「朝日」なんです。

夜中に出発したり、朝方出発。夜中帰宅。ずーと、そんなことばっかり…。でした。10年間…。(涙)


でも、その「行動の延長」が、今。

ありがたいです。

人並みの努力なら 「人並み」

それ以上を望むなら、それ以上の努力をしないと 叶わない。

当たり前の事ですが…。背伸びをしても、「身の丈」なんです。

現実は、厳しいんです。