自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > お金の話

お金の話

20140929-1
20140929-2
「車に踏まれ続けたお金」発見!!

僕は、実によく お金を拾う。

今年も「元旦」より 「400円」から スタートしました。

多分、神様が試しているんですね。「この男」いくらまでなら 届けないか!? をねっ。


オーストラリアでは、お財布。
中国では輪ゴムでとめてあった札束。
仕事中、風に乗って「5千円」が飛んできた経験もあるんですよ。

皇族の方の お財布を拾った事も…。


そう、そう。

よくお金を拾うという、「自慢体験談」をスタッフに話していたら、そこに、「10円」落ちてました。(笑)

「ねっ。本当でしょ!」って、こんな感じでした。


でも、拾ったお金は 必ず「募金箱」に入れます。

拾ったお金は 別に保管しておき 「そのお金」を募金します。

だから、また拾うんですね。(笑)

僕は、マックに行った場合 必ず「100円」 募金します。

お金がある、ない。の次元ではなく、昔から そうしています。

みんなが お陰さまで病気もなく、健康で マックを食べることができる。その環境に 感謝しているんです。

募金すると、世界の子供たちと みんなで一緒に食べている気持ちに なれるからです。いいでしょっ。


一年に一回「100円」 お賽銭し、神社へお参りに行く…。

たった「100円」で、金運 健康 恋愛 安全…と。破格すぎる。

だったら「募金」の方が、それ以上の答えがあるかも?

なんて…。

自分の為なら「賽銭」
みんなの為なら「募金」

同じ「お金」なのに、意味が全く違う。

「募金」をしろ と言う意味ではありません。

伝えたい事は、今の豊かさに 感謝の気持ちが必要だと言う事。

私たちエコグリーンは、貧しかった時代から ズーっと10年以上…。

 赤十字社や、ユニセフに「募金」させて頂いております。

今に「感謝」です。