自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > 時計のこだわり

時計のこだわり

僕は 「仕事」にこだわる。

「こだわる」から、道具にも こだわる。いい仕事をするには「優れた道具」が必要。

職人としての 勘や経験も必要だが、やはり「道具」だ。道具の応用だ。

いい仕事をするには、体調管理や その日の気分も 大切になる。

だから、体調管理も「仕事」だと考える。

手洗い、うがい…。常に緊張感を持って行動している。

実は、 僕、夜遊びが 1度もない。(見えないと言われます)

疲れを 次の日に 持ち越すのが苦手なだけですが、若い頃から 12時を過ぎて遊んだ経験が 1度も ないんです。(見えないと言われます)

まぁ お酒が呑めないだけですが…。


仕事にこだわるから、時間にも「こだわる」。

毎日の作業内容によって、適切な「時計」を select する。

ここも大切に考える。

写真の時計は、防振動 と 防粉じんタイプ。8年の相棒です。場数をこなしてきた。 「タフ」だ。

20140930-1
20140930-2
植木の手入れ用
コンクリート作業用
講習会用
社長業用…。など、常に「ベスト」を考える。

まぁ  どうでもいいって 言えば、そうなんですが…。

「常にベスト」ってかっこいい。

「生き方」ですかね。
「こだわり」なんです。

……。世の中には、今日を一生懸命 「生きたい」って願っている人がいます。

反対側には、命を無駄にしたり、時間をダラダラ使う人がいます。


この角度からの、時間は不平等ですね。

だから、「時間に こだわる」。
ここ  大事。

だから、「常にベスト」なんです。