自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > やっぱり 参考になる

やっぱり 参考になる

ディズニーリゾートは、いつ行っても 参考になりますね。

景観の専門家として すごく「勉強」になります
経営者としても とても「為」になります。
プライベートなら 「笑顔」が増えますね。

そう考えると、「凄いプラスのパワー」が 「千葉」にはあるんですね。(埼玉県民目線より)
20141005-11
実は「ディズニーリゾート」から学び、応用した「 庭のdesign」や、JUJU もとい 「樹種」など 沢山あるんです。

lightingなんかも、すごく参考になります。光の表現が上手ですねっ。きれい です。

ビジネスとして、年に4回(春夏秋冬)は行きたいですね。

装飾のsense、配色の感性、構造物のquality…。気配り、気遣い…。

いつ行っても「発見」があります。


でも、一般的に こんな人と一緒に行ったら面白くないし、疲れますよね。(反省)

しかし、いざ行くと「闘争本能」みたいなのがビンビン出ちゃうんです。専門家として、みんな気になっちゃうんです。(反省)


ディズニーは、蚊 とか 毛虫。ヘビ、ハチなどが少ないですね。

だから、蝶もトンボも少ないです。

夢の国なら、綺麗な蝶も思い出になります。絵になります。
でも、ヘビ とか ハチはパニックになるだけ…。迫力はありますが…。

蝶は入園OKで、ハチはNG。
夢の国でも そこは難しいかなぁ?

だから、昆虫類は全部入園禁止なんです。

「ちょっぴり 大人の事情」です。

でも、仕方のない選択なんですね。楽しい思い出には、安全が最優先ですから。


そう、そう。
非公開ですが、ディズニーランドには「お酒」が飲めるレストランがある事 知っていますか?(シーは飲酒OKですよね)

超VIP専用みたいですね。紹介とか、同席とかでないと入れないそうです。


それと、どんなに混んでいても並ばずにアトラクションに乗れちゃう「魔法のチケット」もありますよ。(ファストパスではないです)


専用のラウンジでお茶を頂き、そーっとドアを開けると、そこがアトラクションの先頭なんですね。

そう、これが最強の「ラウンジチケット 」です。
20141005-2

「ラウンジ」からの眺めです。外からは 中が見えないガラスを使用しています。
20141005-3
やっぱり 奥が深いです。
ある意味 これも演出ですね。

園内で結婚式もできるし、ミッキーが 部屋にも来てくれます。(お金を払えばですが…。)

「お金」の力は凄いですね。
これも、経営者としては 勉強になります。

本当は、プライベートとして 純粋に行けたら 純粋に楽しい!!のですが…。

職業病なんですね。(笑)
仕方がないです。