自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > 結婚式(祝)

結婚式(祝)


昨年に続き、また、感動的な結婚式です。

20141012-12

綺麗でしょ!

そう、スゴく綺麗でした。

旦那さんも「格好いい」方でした。

「千」の「花」と書いて「千花 ちか」と読みます。こんな素敵な名前をつけた ご両親に「会いたい」って、ずーっと思っていました。

やっぱり…。
素敵なご夫婦でした。想像以上に素敵でした(感動)
20141012-23
有り難い事に、主賓としてお招きを頂きました。

主賓の祝辞は、なんと!今回で6回目なんです。有り難い。

でも、毎回 緊張しますね。


出席者の皆さんも、披露宴の始まりは緊張しています。

その中での最初の「挨拶」です。

講演とは、また違う緊張感ですね。


本当は、主賓らしい模範的な言葉がありました。「御鞭撻」とか、「御多幸」とか…。

でも、用意した言葉は、自分の言葉ではありません。

そう、世間の一般常識的なもの…。

「模範的 祝辞」

それって 苦手なんです。
だから、

難しい言葉でなく、自分の言葉で「おめでとう」を伝えました。

その場で、自然に感じた「気持ち」を伝えました。

まとまった 綺麗な挨拶では なかったと思います。

でも、素直な気持ちの中、一番大切な事を伝えられた気がします。(笑)

そー言う方が「あったかい」でしょっ。


20141012-31
そう そう。
この「字」上手く ありませんか?

そうです。僕が書きました…。???


墨で、代表取締役…。「ちっちゃ!」

すごい「才能」ですよね。
「素敵な思い出を ありがとね」

「千花さんとの出会いに 感謝です」
20141012-41