自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > すごい 時代

すごい 時代

20141201-1
20141201-2
びっくりです。
「ちゃんぽん」が、こんな簡単に作れちゃうんですね。

袋を開き300mmlのお湯へ…。

冷静に
冷静に…。

ここには、技術力も、センスも、気持ちさえ  いらない。

愛情がなくても、フツーにうまい!

一瞬で このquality!
「感動」

キヌサヤも、エビも、タコも…。
みんな居ます。(笑)

文明はすごい!



先日 寿司屋で、冷凍の「マグロのたたきパック」を解凍していた…。見えた…。

「やっぱり、ここは  うまいなぁ。新鮮さが違う!」って、どうなんだろう?


「だし」から、こだわっても まずいものは、まずいし、
インスタントでも、旨すぎるものもある。

何が本物か、わからない時代ですね。

本物って何なんだろう?
20141201-3
自動巻きのロ○○クスより、ソーラーのGショックの方が
はるかに頼りになる。止まらないし、親切に300mも防水だ。

ダ○ヒ○や、バーバ○ーのスーツより、AOKIの方が
軽いし動きやすい。
誰かが倒れていても気兼ねなく救助できる。

30万円のスーツじゃ、ネコも抱けないなぁ。
糸が出たら大変だ。

戻ります。
そう、3分で美味しい「ちゃんぽん」完成です。

「ファミレス」も多分  こーなんですね。(涙)

「産地こだわり」とか、「熟成」とか。
「じっくり」とか、「シェフ  イチオシ」とか。


わからない時代になりました。(涙)

人間の味覚なんて、そんなもん なんですね。