自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > 職人の 品と格

職人の 品と格

20150114-11
20150114-21
朝は右手、昼夜は左手で箸を持つ。
繰り返す事で「両手利き」になる。


両手が使えると仕事が速い。



腹筋
背筋
懸垂…
毎日繰り返す。


「筋肉」は職人の武器となる。



キツイ作業環境下では、職人とはいえ
技術に「差」が  でてしまう。

諦めない為の筋肉は、「品質」を守るための筋肉でもある。


「意識の高い職人」が社会から尊敬され、高収入を得て豊かな生活を送る。

そんな前例が必要…。



誇れる夢と、素敵な目標がないと、誰も職人業を目指さなくなる。

その結果、日本の「ものづくり」は情けないほど 衰退する。


安全で涼しい場所で、うわべだけ…。 は、もう うんざり。


そろそろ本気で職人の話をしましょう。


職人として、僕が 一番地味で、一番苦しいところを担当します。


ここなら 日本で 一番になれる。


ここなら 誰にも負けない。