自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > 杭(くい)の話

杭(くい)の話

少しだけ出る杭は、打たれる。

結構でる杭は、折れる。

出過ぎる杭は、抜かれる。

どうでもいい杭は、無視される。

丁度いい杭が、打たれない。


丁度いい杭は「安全」ということだ。



「それでも出る」
でなきゃ、何にも変わらない。


僕は
丁度いい杭には、魅力を感じない…。


折れない杭になる事だ。
抜けない杭になる事だ。

何度打たれても、折れなければ
また、出られる。(^^)


20160131 現代の名工「杭(くい)の話」みなさんとのご縁に感謝
(全国の優良施工店集団の勉強会です。北海道から九州まで。いつも勉強になります。ありがとうございました)