自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > 記憶

記憶

子供の頃
母のあとについて色々出掛けた…。

目的は「ハンバーガー」だ。


用事が済むと
必ず立ち寄った自販機で
ハンバーガーを買ってもらう。(^^)

そこには
3台の夢の自販機があった。

テンションは最大!
加熱され、出来上がるまでの1分間が!いつも興奮していた。


そのハンバーガーが「大好き」で
大人になったら10個たべると
母に話していた。


その時の記憶も
食感も味も
今でもしっかり映像としてある。


今、この写真を見て
懐かしい記憶と繋がりました。

でも、ここには、行かないかなぁ…。

母とのあったかい記憶と
ワクワクしていた少年期の思い出が
「上書き」される気がするからです。

今、10個買える自分がいて
宣言通り10個買ったら
思い出がすべて「上書きされる」。


人生には、上書きが必要な記憶と
上書きしてはいけない思い出がある。


20160306-01 「記憶」母とのあったかい記憶と
20160306-02 「記憶」ワクワクしていた少年期の思い出
いつも心の中で探していた景色です。群馬県にあると聞いていましたが、まさか行田に…。