自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > 自炊②

自炊②

昨日のコラムの続きです。


色々考えた‼


お腹が空いた人に、魚を与えることは確かに簡単だし、手っ取り早く空腹をしのぐ方法かもしれない。

しか~し、
それでは、その人はまた腹ぺこになるし、腹ぺこになる度に誰かに食べ物をもらい続けなければならない。

そして、魚をくれる人がいなくなったら、餓死してしまう。
(恐ろしい~!)


それよりも、しっかり魚の釣り方を教えてあげれば、その人は一生お腹が空いて困ることがなくなる。
という、優しい模範解答的な考え方だ。



「正解?」


「それって正解かぁ?」

魚の釣り方を教える?
本当に、魚の釣り方を教えるだけでいいのだろうか?


「釣り方」を教えたところで、その方法ではすぐに魚が釣れなくなる可能性もある。

釣れなくなった場合、
すぐに別の方法を考えて、すぐに対処対応できる力がなければ、再び飢えの時代がやってきて餓死する。

毎回毎回、教えてはやれないぞ!


 
結論

「魚の釣り方」は自分で考えろ!だなっ。


弱肉強食です。社会はそんなに甘くない。 

そこで、負けたら負け。

20170522 負けないよう努力して。
負けないよう努力して。



関連の小林徹コラムを見る