自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > からとより

からとより

「心から御礼」
   と
「心より御礼」


「から」と「より」

この2つは違いがあるのか?


「調べてみた」



会合や手紙の中での挨拶として次のような言葉を用いることがあるらしい。

「~とのこと、心から御礼申し上げます」

「ご自愛のほど、心よりお祈り申し上げます」 


これは結論から言うと、
この場合の意味の違いはなく、どちらでも用いることができ、
いずれも起点・始まりとなるところを表すという点で共通している。


「~から」は口語的、「~より」は文語的に使い分けしたい。


「から」「より」両方使える例

A「本日午前10時から会議を始めます」
B「本日午前10時より会議を始めます」

AとBは「10時から/10時より」と、「から」を「より」に換えることもでき、両方使うことができる。


実際の使われ方としては、
「10時から」のほうは、どちらかといえばやや話 し言葉的で
「10時より」のほうは、「日時:○月○日10時より」のように、文章的で手紙・文書などで用いられることが多く、改まった感じがするという 点で使い分けられることがある。



「だ、そうです。」
解決です。しかし、多分忘れてしまいます。



20170721 枕木の敷設の様子です。 いつも、しっかり。きれいに。 「ありがとう」
枕木の敷設の様子です。
いつも、しっかり。きれいに。
「ありがとう」