自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > 365日の紙飛行機

365日の紙飛行機

現場がおわり、ラジオから365日の紙飛行機が流れてきた。

疲れていたのか、歌詞に癒された。


「その距離を競うよりも、どう飛んだか。どこを飛んだのか。」みたいな感じの歌詞でした。


「今日、うまくいかないら、明日頑張って」みたいな。


元気になった。


20170823 今日は、疲れた。
今日は、疲れた。



関連の小林徹コラムを見る