自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > 空気

空気

【ロケーション】
寂れたシャッター街
一軒だけ開いていた定食屋。
お客さんはいない。
店主はタバコをふかしながら
ビールを呑んでいる。
(あまり衛生的ではない)



覚悟を決めて、この店に決定!


僕は、野菜炒め定食にした。
火を通したほうが安全だからだ。

工事部は、炒飯定食。いいセレクトだ。



「にぎり」

「?」

「にぎり?」


泥んこで、入った定食屋。
1人だけ、にぎりを頼んだスタッフがいた。

まさかのセレクトに、全員で、顔を見合わせた。

店主も、驚いていた。

店主:にぎりは少し時間かかるよ
お局様:あっ。大丈夫です(^^)

空気がわかってない。
「頼むなよ~」が、分かっていない。


20171109 わざわざ「にぎり」に挑戦する、その気持ちに感謝です。
写真はキレイに撮れているが、
ネタは微妙。
シャリが酢飯でなく、解凍のご飯。
イカもエビもタマゴさえない。


わざわざ「にぎり」に挑戦する、その気持ちに感謝です。

コラムネタをありがとね。



関連の小林徹コラムを見る