自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > モズのはなし

モズのはなし

20180420-01-1_Fotor モズのはなし
造園の専門家だったら
こーゆーのは当たり前。
(※画像クリックで モザイクなしページにとびます)



バッタ、カエル、トカゲ。

木の上の方には、
団子とかミカン、肉とかもある。
近くにお寺がある証拠です。


初めて見る方には「衝撃的」ですよね(^^)


木の幹や葉っぱには、毛虫が結構います。
毛虫は、擬態(ぎたい)といって、幹や葉っぱと同化し自衛しています。

職人が、枝葉を剪定すると毛虫が丸見えになっちゃいます。
もしも、その木に100匹毛虫がいた場合、明日にはゼロになります。

この鳥は、恐ろしく賢くて  ヤバい。

【はやにえ】
モズは、とらえた食物を小枝や刺(とげ)に突き刺したりします。
それら小枝などに放置されたものが「モズのはやにえ」と呼ばれます。


モズには本来、獲物を小枝や刺などに突き刺して食べる習性があるらしい。

また、縄張り(テリトリー)の境界を示すものとしても利用されているという説もあるとか?



20180420-02 想像に反して可愛いモズ

※想像に反して、めちゃくちゃ可愛い~!
(人も同じだったりして)
関連の小林徹コラムを見る