自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > 視野

視野


太いケーブルと、細いケーブル。


どちらのほうが、多くの情報を
やり取りをできるかです。



20200330-01 太いケーブルと細いケーブル 錯覚

つまり、こういうことです。

「視野が広い」→情報を多くキャッチできる→処理能力が高い→パフォーマンスが高い

「視野が狭い」→情報をキャッチする量が少ない→処理能力が低い→パフォーマンスが低い


なので、「集中する」ではなく
意識して「視野を広くする」ってことらしい。


意識して視野を広げる「クセ」をつける。


視野が狭いと選択肢も少ない。
それってど~よ。


「もったいない」


20200330-02 視野を広げよう
関連の小林徹コラムを見る