自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > 了解と承知

了解と承知

「了解しました」は丁寧語であって
謙譲語ではない。

同僚や目下の人に対して使う言葉らしい。
目上の人には「承知しました」を使う事。


「了解いたしました」なら使っても良い!?
「了解しました」は同僚や目下の人に対して使うべき言葉。


しかし、調べてみたら、「する」の謙譲語が「いたす」だから、
「了解いたしました」であれば、取引先や目上の人に対して使っても、本来問題はないらしい。

(面倒臭~)


一方ビジネスでは、
「了解いたしました」は使うべきではないとされており、
多くの企業が、「了解いたしました」よりも
「承知しました」の方を使用するよう指導しているとか。



「了解」よりも「承知」の方が
良い印象を与えることができるように思います。


ビジネスの世界では使うべきではないとされ、
「承知しました」の方を推奨しているらしい。



了解と承知を毎回使い分けるのは苦しい。


「承知了解」とくっつけてはどうだろうか。


問題は、気持ちなんだから。


20201106

今日は現場作業です。
言葉が綺麗でも技術が下手だと、言葉も軽くなる。