自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME小林徹コラム > 日本にも

日本にも

20210509 (1) 5月の第一土曜日は、 世界中の園芸愛好家たちが 服を脱ぎ捨て裸で 庭仕事に励む日

5月の第一土曜日は、
世界中の園芸愛好家たちが
服を脱ぎ捨て裸で
庭仕事に励む日です。


2005年から続いている
「世界裸ガーデニングデー」は2021年、パンデミックのなか17回目を迎えた。


「裸でのガーデニングはただ単純に楽しいだけではありません。
それは私たちに、たとえ短い時間であっても、
人間として、また大地の一部として
ありのままになれることを思い出させてくれるのです」


イングランド南東部オックスフォードシャーに暮らす
クレア・ハワードと南部ハンプシャーのケンダル・プラットは、
自然と一体になることを愛し、
庭作業中は定期的に裸になっていると語る。



「へー」


当社でも1年に一回なら、
いい気がします。


スタッフに強制しても
ニュースになりますし
社長のみ裸では連行されちゃいます。


20210509_2 これくらい草をまとえば 色々隠せます

これくらい草をまとえば
色々隠せますが、園芸愛好家としては非常識ですよね。


しかし
専門家として1度はやるべきです。そうプロですから。
経験は財産です。


関連の小林徹コラムを見る