自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME > 小林徹コラム

小林徹コラム


なんでも  そうだ。

聞く耳を持った人だけが

成長できる。




どーでもいい。

とか

ぼーっと してると

何も変わらない。


20201224


「運を持っている」

「運を引き寄せる」



う~ん…。

「運」は、自分自身の力で
つかみ取っているっていう表現のほうが正しいですね。



回りから見たら
何も努力をしないで
運があるように見える場合もあります。



しかし、大半は 実はそうではなく、

「物事を最後まで諦めずに成し遂げる力」を持っている人なんです。




諦めないから
「成功」させることが出来るんです。




「物事を最後まで諦めずに成し遂げる力」は

必ず「運」を呼びます。


20201223

「より」


「よりをかける」

仕事でロープを使う。

ロープの
その絡み合わせで  丈夫さがわかる。

「より」を見て、安全を確かめています。

ちゃんと  よれていれば
信頼も安心も感じられる。


仕事も同じです。

基本が大切です。
基本があっての応用です。

基本がないと
それは「手抜き」になります。


楽して近道はあり得ない。

まず、
苦労して努力して、基本を作ってからです。



20201222-02

人生


人生には、成功と失敗が必要。

「挑戦」という意味では、
成功も失敗も、どちらも同じ価値がある。


両方を知ることで、
人生は  より深くなる。



沢山の経験は、
その人生を豊かにします。

だから、挑戦するんです。
だから、行動なんです。


希望とか、絶望。
感動、失望。
みんな必要なんです。


「その経験は、必ず人生を豊かにします」


失敗もできないのなら
それは気の毒だ。

「ありがとう」を味方に


「ありがとう」を
味方にする。


「感謝」をちゃんと表現する。


鈍感は、損だ。
行動しない人は、損だ。

「理解」したと、
「行動」したとでは、
全く意味が異なる。


20201220

努力を笑う人間


「人の努力」を笑った人間は
その時点で負けだよね。


挑戦もしない人間が
挑戦しているひとの評価なんてすべきではないと思う。


「挑戦」してから言えって事。


20201219 出社前のランニング めちゃくちゃ 気持ちいい。

出社前のランニング
めちゃくちゃ 気持ちいい。



変化


進歩のない組織
変化のない組織



持ちこたえた会社は存在しない。



だから
会社は変化しなければいけない。


進化するには変化しないと。


変化は行動しないと、変わらない。



行動

行動


行動しかない。



考えて動かなければ、
変化はしない。


やらないのと一緒です。




どうにかなる?!



「 欠点は見方を変えれば個性だ!

だから、変える必要はない! 」


えー。欠点と個性は違うかなぁ。
同じカテゴリーではない。


人に迷惑をかけるのであれば
それは個性でなく欠点です。


僕も欠点だらけだ。
自分でも欠点がわかっています。


直さないのは
「どうにかなる」って思っているからです。



どうにもならない時がこないと
多分、やらないし直さない。


それでもやらないと
「えらいこと」になる。


ルーズ


時間にルーズな人は
全てに対して、基本ルーズです。



人に対しても
物に対しても
ルーズです。


理由は簡単です。


「大した事ではない」
「どうでもいい」って
思っているからです。


考え方がルーズだから
行動もルーズになります。


しかし、

時間にルーズでも
口が上手いと
結構言い訳で乗り切れちゃいます

まぁ、信用がない為、言葉に重みがありませんが。




時間にルーズは
信用に対してもルーズです。


だから、絶対に成功しません。

ルーズは人として価値が低い。
一段低く見えちゃいます。



使い方次第

20201215 輪郭がハッキリしていて癒される空

時間の密度をあげる
時間の濃度をあげる


与えられた時間は平等です



使い方で「差 」をつけるしかないんです。




時間の密度や濃度がうすい人。
勝てる訳がない。


この時期の空は輪郭がハッキリしていて癒されます。
深呼吸して、頑張りましょう。