自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME > 小林徹コラム

小林徹コラム

熱心


「運がいい人」は

とにかく行動が早い!


行動が早いから失敗しても
最小限に抑えることができる!
 
 
考え方も、とても前向き!
前向きに考えることによって、不安や悩みを最小限に抑えることができる。


 
そして、
勉強熱心!
常に学ぼうとする姿勢は、新しい出会いを沢山生む。


で、「更に運が良くなる」    (^^)


ぶれない


「 鷹は飢えても穂を摘まず」
たかは  うえても  ほをつまず



カッコいいなぁ



自分らしい生き方を見つけたら
貫いて生きたい。




「しっかりとした意志があり、ためらわずにすぐ行動すること」

20200921-1 施工中のお庭です

現場は楽しい~(^^)
責任があるから毎日緊張感の連続です。



20200921-2 完成が楽しみです

言葉


「言い訳が全面に出る」

それは
裏を返せば本当の意味で反省をしていない。

失敗から学ぼうとしていないのと同じです。

つまり、学びがない訳だから
同じ失敗を繰り返す可能性が高いという事。
 
 
二重三重の意味で
損をしていると言う事です。


「あ~    もったいない‼ 」

所作

「所作」が綺麗だと
言葉を交わさなくても
なんとなく好感が持てる。

そんな感じしませんか?

所作には
「その人の内面が映される」と言う。


いくら見かけをきれいにしても
所作が美しくなければ台無しになる。


立ち居振舞い
本人の美意識


年は関係ない。
男女も関係ない。

ここ大事。


20200919 写真 お庭工事 作庭中 職人としてカッコよく作ってます。

お庭工事  作庭中
職人としてカッコよく作ってます。


今日の研修

20200918

約束を守れない人は
計画も守れない。


今日も当たり前の話でした。
今日も全員が理解できた。



問題は「行動」できるかどうか。
ここだけ。

行動しないと結果はでない。


行動しない理由は簡単です。
「楽だから」


痩せなくちゃ~
運動しなくちゃ~
と一緒。

「行動」に価値がある。
「口だけ」には価値はない。

理解できるのと、
行動できるのは、全く違うよ。



ここから


挨拶が、「雑」になりだす。

 
挨拶の意味を考えない人は
絶対に成功しない。


挨拶は軽視すべきではない。


そうっ!

まず、しっかり挨拶をする。
ここからです。


ここが出来ないと、
多分全部ダメだ。



空気感


「見えない」から知らない!?

周りの空気は見えなくても
感じられるはずなのに。


耳から入る音。
感覚的に伝わる気配、空気感。

ここは大事。

「鈍感」は言い訳にしかならない。


つぶあんになれ

20200915 (2) 「つぶあん」は、こしあんになれるが 「こしあん」は、つぶあんにはなれない

「つぶあん」は、こしあんになれるが

「こしあん」は、つぶあんにはなれない。

そうです
つぶあんなら、沢山噛めば  どーにかなる。
こしあんは、どーにもならない。


「だからなに?」

そう思っただけですが  何かっ。(^^)


20200915 (1)つぶあんなら、沢山噛めば どーにかなる。 こしあんは、どーにもならない。

美意識


本人の「美意識」


目配りとか、動作の緩急。

間(ま)といった、その人から
醸し出される雰囲気はとても大切。



男とか女性とかは関係ない。
年齢も関係ない。



本人の「美」に対する意識の問題。


ここができているか、できていないか。

そう  迫力が全く違う。
そう 説得力が全く違う。



これは自分で評価はできない。
他人が評価額(価値)をつけるとこ。


20200914 ここも美意識です。 スマートに、カッコよくです。

本日は現場作業です。
お昼に「うなぎ」を頂きました。


器は洗って戻しなさい。
割り箸は持ち帰る。


そーゆー気持ちを大切にしなさい。


ここも美意識です。
スマートに、カッコよくです。

心理作戦


負けず嫌いの


男の気持ちを


よく理解している作品だ





20200913 負けず嫌いの 男の気持ちを よく理解している作品だ