自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME > 小林徹コラム

小林徹コラム

穏やかさ

20201116
渋滞中

渋滞だから
綺麗な夕焼けと富士山がみえる。


忙しいと見えないもの
感じないものもある。

忙しいと鈍感になる
視野も小さくなる。


深呼吸も必要です
大きくゆっくり深呼吸。

さぁ
がんばりましょっ。

ふつう


都合の良い時だけ
「フツーは」っていう。



フツーてなにっ!?


みんなってなにっ!?




普通という言葉の意味を調べると、


「いつ、どこにでもあるような、ありふれたものであること」

「他と特に異なる性質を持ってはいないさま」とある。



その他大勢って感じ。


「普通」はそれぞれ違うのに、
多くの人は自分の「普通」が
皆の「普通」と思っている。



「普通ってなんだ。」


言霊


『言っていると、その通りになる』
 
 
心配なことや、
悲しいことばかり
言っている人の環境は
その通りになる。
 
 
前向きな言葉をつかう人には、
明るい境遇が開ける。
 


言葉の通りに、
自分も周囲も変わっていく。
 


そう、言葉は生きている。
 

20201114 (1) 大切なお客様の本社です。 お庭工事を頂きました。


大切なお客様の本社です。
お庭工事を頂きました。


20201114 (2) 20年前、僕が始めた当時からのお客様です。

20年前、僕が始めた当時からのお客様です。
未来は思った通りに変わります。
ただし、限界まで努力した人だけです。



相手の時間を奪う人


調べもしないで質問ばかりの人
何でもかんでも電話してくる人
話をまとめずに連絡してくる人


「自分で調べましたか」


まず、自分でしっかり考える。

自分だけでやれるよう 考える。

人に頼ってばかりいると
考えない人になっちゃいます。



20201113 電気工事

お庭工事 電気イン
この瞬間がたまらない。


居場所

20201112-1

裏と表がある この子


葉っぱのつきかたがイマイチだ



どこにも収まらず
ずーと放置状態



やっと  このコーナーをもらいました

20201112-2

「いいね」


どの子も「いいね」がある
この子はここだ。



向き合いかた

20201111

職人三人でロープの縛り直し。


情けない!

同業者いやっ。
同じ庭師としてあり得ない。


それも上手く固定できていない。
(何回やってもグラグラだ)


近付いて縛ってやりたいほど「下手」


二流でいいと思い働く人
三流でいいと思い努力しない人
「楽」な方に逃げてんじゃねーぞ!




荷物が落ちれば人様に迷惑がかかる。
人生さえ変えてしまう。

責任が取れないんだから
しっかり縛れ!

縛れないなら辞めろ!



基本ができていない者が
何となくやる

一番腹が立つ。

家庭

家族の愛は「家庭」で育つ

「家」+「庭」は、心を豊かにします。

庭師  いい仕事です!


20201110

お庭  作庭中



名言

「頑張ります!」は
頑張らない人も言う言葉です。

「忙しい」は
忙しくない人も使う言葉です。

要するに
使う人によって意味が変わる 言葉です。

言葉の重みは、
発する人によって違うんです。


20201109 夏空

夏空はやっぱりいい。

誰のため


自宅の柿

あと1つ。そこにある。



「小鳥の為に」って思うと取らずにおくべき。


カラスが食べると思うと取りたくなる。



差別的な考え方だ。


そう。

人はそんな完璧ではない。



感情がある以上、
人は優先順位をつける。


そう。仕方ない。



行動した人ほど
「運」が良かったと言い


行動していなかった人ほど
「運」が悪かったと言う。


やっぱり「行動」あるのみです。


1日 何かひとつ  でも

行動する。

具体的に動く。


何かを始めるのは、怖いことではありません。

怖いのは
何も始めないことなんです。