自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME > 小林徹コラム

小林徹コラム

能力


自分には「才能」がない。

だから、行動しない。

そーゆー人もいる。


そもそも、
すごい才能のある人の方が少ない。



結局、自分に甘い。


自分は「凡人」だから

と言ってしまった時点で、

「今のままでいい」
とか
「努力したくない」

と言っているようなものだ。


「才能」が、
自分になくても仕方ない。


言い訳を積み重ねるより、
ないなりに、向き合い「努力」を継続する方が「カッコいい」と、
僕は思う。


202203041

ひと


今出来ることを、
今やらないと、だめ。



人には「期限」がある。



先延ばしは、
その人の信用と価値を下げる。


20220303

勝つ


誰もが忙しんです。


「忙しい」を前提条件にした上での
生産性が高い人。
利益を出せている人。になる事です。


生産性も利益もなければ
それは、非効率な人。


ボランティアとしてなら、
それは尊敬すべき事ですが、


ビジネスでは意味がない。
他社がいる以上、勝たないとダメなんです。

20220302

いっしょ


「共通」


自分が、本気で信じなければ、


誰かを、信じさせることなんか、絶対に出来ない。


感動も笑顔も、涙だって


全部 一緒 です。


20220301

しあわせ


周り と 自分 を比べてしまうことは、仕方がない。


しかし、

「幸せ」を
「他人との比較で決める」
ことは、意味がない。


 「幸せ」か どうかは 自分の気持ち次第です。



「自分は幸せだ」って思える人だけが、幸せな人生を 送れるそうです。


心の豊かさの問題 みたいです。


20220228

こころ


「心を亡くす」って書いて
「忙しい」と読む。


だから、忙しい!忙しい!って
言ってはいけないんですよ~ 。


って、よく書いてある。



でも、
忙しさは 人それぞれ。

「価値」 と 「質」は
まったく違う。同じでは ない。



20220227
「心を亡くす」と書いて、
忘れるとも、読む。


おなじ「心を亡くす」でも、
こっちの方が、すごーくダメダメな気がしますね。



「忙しくても、きっちりやる人」

「忙しいから、忘れる人」では、
まったく立ち位置が違う気がしますよね。


「忙しいから、忘れる人」
ダメダメだ。


幸せの物差し


専門家いわく

私たちの幸せの5割は 遺伝、
1割は 状況(居住地、収入、健康状態など)によるもの。


つまり、残りの4割は私たちの支配下にあるということらしい。


4割か〜
多数決の原則でいう多数は6割


4割の努力では、負けという事で
幸せになれないということか?


せめて
8割は努力の結果にしてほしい。
4割では負けちゃうんだよ。


20220226

現場確認にきました。
ここからの富士山は
素敵だと思います。

居住地点は高いです。


平等


「苦労」をした人には
それと同じ量の
喜び とか、
ご褒美 とか がある。


… …。



あって  欲しいと願う。


それが、「平等」だからです。

そういう「平等」がいいですね。


20220225

プライド


笑顔が少ない今日、
ある人から、素敵な言葉を頂きました。


感謝です。


20220224

苦しい事。辛いこと。
みんな  ありますよね。


それを、
口に出すか。
出さないか。
それだけなんです。


周りの事を考えて、 我慢するか。
自分の事だけ  考えるか。
それだけなんです。



鷹は飢えても 穂を摘まず (たかは うえても  「ほ」を つまず)


気位の高い鷹は どんなにひもじくても
カラスやスズメのように
人間が作った作物の穂を つついて食べるようなことはしない。


人としての 正しい道を守るものは
貧しくて生活に困っても 不正な金品は受けない。
ということ。


私利私欲では、駄目ですね。(笑)



約束


「1時間かかります」と言われて
30分で終わると

嬉しい



「20分で終わります」と言われて
30分かかると

嬉しくない



なんでもそうだ


伝え方は難しい


20220222