自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME > 小林徹コラム

小林徹コラム

クーちゃんの7年間

20181029 (1) 7年間いっしょ


毎日毎日

歯みがきと
ブラッシング



20181029 (2) 毎朝ハミガキ


7年間 毎日毎日



彼女は毎日この時間を
どんな時間と感じているのだろう。





見返りを要求したら偽善というが
何かしら期待はする。


20181029 (3) クーちゃん

もう少し、僕に慣れてほしい。




ホトトギス


鳴かぬなら
殺してしまえ ホトトギス
(織田信長)




鳴かぬなら
鳴かせてみせよう ホトトギス
(豊臣秀吉)




鳴かぬなら
鳥屋に売ろう ホトトギス
(セコい オヤジ)




鳴かぬなら
森に帰りな ホトトギス
(小林徹)




鳴くまで待っていてください。
(ホトトギス)




20181028 ホトトギス

ホトトギス

人生プラン

20181027 人生計画 完全にプラン倒れ!

人生計画
完全にプラン倒れ!


なんか意味深な言葉と
イラストがありました。




人生の選択肢は自由です。


今の自分は
自分の過去の行動から
成り立っている。


誰の責任でもない。



メンズ雑誌


メンズ雑誌に

ラコの「着こなし術」があった。



どちらを参考にすべきか。


20181026 (1) 参考その1



20181026 (2) 参考その2

同じピッチリを着ているが

ピッチリの意味が違う気がする。



(編集部は本気でこれでいいと思っているのか。不安になる着こなしだ)

癒し

20181025 なんかいい 癒し


この写真をもらいました。


なんかいい


晴れてなくても
太陽がなくても
なんかいい。


「なんかいい」は
理屈ではない。



人も環境も空気感も。
「なんかいい」


そんな人になりたいですね。



非力


人は 


自力で飛べないし、


光合成もできないし。





20181024-01 御夕飯

今日の夕飯中
温めたら爆発した。



20181024-02 爆発した

仕組み

20181023 仕組みが必要

19才だそうです。
責任感
めちゃくちゃ凄い。



足首を骨折していたそうです。
膝から流血
血まみれで成し遂げた。



しかし、
仕組み作りが必要です。


「けなげな心」を守ってあげる
平等な仕組みが必要です。


真剣勝負
命懸け
だから喜びも感動もある。


触ると棄権とか
意味がわからない。



駅伝は連帯責任
そのプレッシャーは
僕には想像できない。
その重圧感が毎日毎日続く。



そんな闘いを軽視して観ている僕。


なにか
心につまるものがある。



普通はみんな違う


あの子の普通は、あれが普通。

あの人の普通も、あれが普通。


普通はみんな違う

普通とはなんだ。




立場や環境が違えば「普通」は
「特別」になる。


「当然」も、「意外」になるんです。



あなたの「普通」が
みんなの「普通」ではない。


考え方はひとりひとり
違うということ。



基準は
人それぞれ。

違っていいってことです。


20181022 普通はみんな違う

今日の出張中

この基準はど~ょっ!

5千円のビジホだから普通かな。(涙)



全力だから


持久走大会で
ダラダラ集団でゴールしても

感動しないし、何も貰えない。



「楽して勝てる勝負なんてない。」


人生
全力が面白い。



全力だから感動させられる。



「仕事も、まったく同じです。」
命懸けだから 面白い。



20181021 防草シートの下から

防草シートの下から、こんな物が!
こんなこと あり得ない。

この職人、心がない。意識が低すぎる!
三流、三軍だ!!



心配性はいい事だ


「心配性」は
周りに、気を使う。


気遣い。
心配り。


周りがみえる。


心配性は良いことだ。(^^)



周りが
見えない人の人生は楽だ!


見えるのに見ない人は
生き方がズルい。わがまますぎる。


鈍感もズルい。
「鈍感だから」で、
責任を他人のせいにできる。



20181020 心配症はいいことだ



結論

心配性は
とても  いい事だ。