自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME > 小林徹コラム

小林徹コラム

「運」


「運がいい」
自分は「運」がいい。
こう思って生きる。



あぁ~
いつも「運」が悪い~っ。
一番だめな生き方。



運が悪いから何もしない。
何もしないは、何もおきない。



そもそも、
この考え方が原因で、運が逃げる。



「運」のせい?
いいえ、その考え方のせいです。


素敵な生き方


生まれつき容姿が
美しい人は
「運がいいな」って思う。

これは仕方ないが現実です。


でも、努力しないと
段々魅力は、減退していく。
「汚ないは見える。」


歳を重ねても
どんどん綺麗になる人は
生き方がいいなぁって思う。

人生は、努力なんですね。


努力をしないと
顔と体型は、緊張感がなくなる。

努力次第


イケメン+子供好き=「優しい」

ブサイク+子供好き=「怪しい」


世の中には必ずある、
外見的偏見。

ここは仕方ない。


「だから、シャキッとする。」

姿勢、所作、生き方‥。

シャキッとしていれば
イケメンになる。
努力次第です。

選ばれるだけの努力

選ばれる人の共通点

そこには、ちゃんとした根拠がある。



あなたが選ばれない理由、それは簡単。
「決意」が見えないからです。


夢とか目的が、「明確」になっていないからです。


要するに
「選ばれる理由がない」って事なんです…。


「だから、選ばれない」んです。



「選ばれる人」には、ちゃんとした根拠が必ずあるはずです。

選ばれるには、選ばれる為に必要な条件が沢山あるんです。



結論

選ばれる為には、
選ばれるだけの努力が必要です。


心を整える


掃除は「心を整える」そんな意味もある


トイレ掃除すると
神様が必ず現れる訳ではない。


だったら
清掃員さんは
みんな「神様」に会っている。



心を整えることは
人生をしっかり考えること。


「人生をしっかり考えて生きる」




そこでダラダラしていても1時間
てきぱき動いても1時間



毎日は行動の積み重ね。
そう  積み重ねで出来ています。

計画

「いつかはきっと」
と、考える。



「いつかはきっとくる。」



しかし、

「いつかはこない」
 

 
いつかはきっとっ。
 

その考えは、完全に間違いです。


努力もしないのに
行動もしないのに

夢が叶うはずがない。


「いつか は こない」
 


トイレ


コンビニトイレ


20201122 コンビニトイレ

めちゃくちゃ 綺麗なトイレ
とんでもなく汚れているトイレ

同じ教育
同じマニュアル
なのに「差」がでる

トップの意識と決意の差だ


楽な選択はだれでもできるが
いつも厳しい選択をする

厳しい選択の積み重ね
ここを選ばないと信用が薄くなる


能力

「鈍感力」は必要です。


しかし、
鈍感な人と、
鈍感力とは全く意味が異なります。


そもそも
鈍感な人はダメです。


心配り、気遣いのできる人が
時に鈍感力を持ち、対応する。



ここを勘違いすると
ビジネスでは大クレームに
なっちゃいます。

似てる


「ちっちゃいチョコの木」は
「きのこの山」に似ている

限りなく似ている



20201120 (2) ちっちゃいチョコの木

僕なら
「きのこの山もどき」とか
「きのこの里」とか
「元祖きのこの山」ってしたい。

で、
カッコ書きで類似品にご注意下さいとか
あのきのことは、ぜんぜん違います。って書く。

たけのこの里も
是非とも出して欲しい。


20201120 (1) きのこの山

まんじゅうのはなし


まんじゅうを10個作って、3個しか売れない。

味を変えても形を変えても、3個しか売れない。

「なぜだろう?」

立地が悪いとか、高すぎるとか。
他人の責任にしても3個は3個。

安売りすれば売れますが、来週の原料も電気も消えます。

「3個の壁」を破るには、
本気で旨いまんじゅうを作りたいって思う気持ちなんです。


その気持ちが行動に繋がります。
行動は勉強と工夫に繋がります。

その決意があれば、5個売れるんです。
信念があれば、7個売れるんです。

あとは「継続する力」です。


20201119

今日も絶好調のエコグリーン!
異常なし