自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

ソヨゴ

柔らかい印象が人気の常緑樹で、名前の由来は「風にそよそよそよぐ」ことからつきました。

成長が遅く手入れが容易で、耐陰性・耐寒性に優れ人気が高い庭木です。

春には白い花が咲き、お庭を明るくしてくれます。

ソヨゴは常緑なので、冬でも緑の葉を付け一年中青々としています。


ソヨゴ

施工の詳細は こちら から
ご覧いただけます。
ソヨゴ

施工の詳細は こちら から
ご覧頂けます。
ソヨゴ

施工の詳細は こちら から
ご覧頂けます。
ソヨゴ


施工の詳細は こちら から
ご覧頂けます。


  • 樹高:5~15m
  • 葉張り(樹冠の横幅):3m
  • 花色:白
  • 開花期:6月
  • 果実色:赤
  • 果実熟期:10~11月
  • 用途:シンボルツリー、庭木
・アオイラガ
・カメノコロウムシ
・ツノロウムシ
・すす病
ソヨゴ花
白色の小さな花をつけます。
ソヨゴ実
10月~11月に赤い実を付けます。
ソヨゴの果実は10~11月に赤く熟して観賞価値が高いのが最大の魅力です。
雌株と雄株を近くに植えると実つきがよくなります。

庭にさりげない目隠しをしたい場合は、生育が穏やかなソヨゴがおススメです。

ソヨゴは庭上をしても高木になり過ぎることがなく、適度な目隠しになります。

 

ソヨゴを庭木として植える場合は、基本的に水やりは必要ありません。

植え付けた直後や、若い株の場合は、土の表面が乾いたら水をたっぷり与えます。

 

夏の暑い日ざしが苦手なので、直射日光を防ぐ場所に置くことが重要です。
病害虫にも大変強く、育てやすい木です
株立ちを利用する事が多いので、枝は短く切りつめた方がすっきりします。

6月下旬か12月が適期。

短い枝は結実するので残し、長い枝を切り詰め、切り取ります。
お問い合わせはこちら
関連の施工事例を見る