Works施工事例

2017.12.09
  • 庭まわり

ドラセナの特徴と豆知識 -スタイリッシュで印象的な「幸福の木」-

スタイリッシュで恰好良いドラセナは、日本で「幸福の木」と呼ばれ親しまれています。

葉の色が美しいドラセナは亜熱帯地域原産の植物で、熱帯アジアや熱帯アフリカ全土に分布する常緑低木です。
アジアン風・リゾート風の庭づくりでもよく用いらます。
シンボルツリーとして庭のメインに据えても見栄えがしますし、門袖に添えるだけでもぐっとオシャレな雰囲気が出ます。

 

ドラセナの特徴は何といっても葉の形や色が美しく、豊富なバリエーションを多く持っています。
また、細く柔らかな幹は、アレンジしやすい点も特徴の1つです。
豊富なバリエーションには、葉先の尖ったタイプや葉先のしだれたタイプ、葉先に丸みを持つタイプと様々です。
葉の色もカラフルな葉を持つタイプや葉に斑を持つタイプがあり、選ぶ楽しみが多いのもドラセナの特徴です。
涼しい時期ほど「少なめの水やり」がポイントです!
温かいうちは、水分でドラセナが成長してくれるのですが、寒くなってくるとあまり大きくならなくなります。
そこでたくさん水を与えてもあまり意味はなく、むしろ根を腐らせる原因になってしまうのです。
ドラセナの管理が大変な時期は「冬」。
熱帯の植物なので、気候が温かなうちは良いのですが、寒くなってくるとやはり、
ある程度の冬越しに備えた育て方が必要となります。
剪定は気付き次第こまめに行っても良いのですが、植え替え作業のとき一緒に行ってしまうと楽です。
植え替えの時期である5~8月は、新芽の出やすい時期でもあるので、剪定に向きます。
たくさん枝を切り取りすぎてしまっても、また芽吹いてくれるので、株が弱りにくいのです。
逆に、寒い冬の時期は、剪定に向きません。

LINEでお問合せ

ぜひお友だち登録をお願いします

使用部材

関連記事

ページトップへ