自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME > 小林徹コラム

小林徹コラム

ルール

20200403 パチンコ屋さんの列

パチンコ屋さんの開店待ちも

間隔を空けて並ぶのですね。



「ソーシャル・ディスタンシング」

(Social Distancing:社会距離戦略)


日本は平和だ。



一生懸命生きる


人から嫌われる。

人から好かれる。


一生懸命生きていれば
必ず、どちらかになる。

それは、仕方ない。


一番駄目なのは、
存在を無視される事。


魅力も個性も無味無臭。


なんの影響力もない人。
利も害もない人…。


楽そうだが、価値もない。


20200402 芽吹きエコ.グリーン設計のモミジ 

笑顔は笑顔を連れてくる

20200401 エコ.グリーン設計 23期スタート!

笑顔の連鎖

不安の連鎖


笑顔は笑顔を連れてくる。


「泣きっ面に蜂」

めちゃくちゃ不運だが
このことわざは正しい。



「笑う門にも福来る」

これも納得できる。



笑顔の連鎖も

不安の連鎖も自己責任です。



現実味

20200331 東京封鎖?

「東京封鎖」


マンガみたいなことが、

現実味を帯びてきた。



不要不急な外出を避けて

不要不急な外出を避けて!



子供達には外出禁止


大人はパチンコ屋で

人類のことを真剣に考える



東京封鎖は

こうやって起きる



視野


太いケーブルと、細いケーブル。


どちらのほうが、多くの情報を
やり取りをできるかです。



20200330-01 太いケーブルと細いケーブル 錯覚

つまり、こういうことです。

「視野が広い」→情報を多くキャッチできる→処理能力が高い→パフォーマンスが高い

「視野が狭い」→情報をキャッチする量が少ない→処理能力が低い→パフォーマンスが低い


なので、「集中する」ではなく
意識して「視野を広くする」ってことらしい。


意識して視野を広げる「クセ」をつける。


視野が狭いと選択肢も少ない。
それってど~よ。


「もったいない」


20200330-02 視野を広げよう

「大丈夫」

「大丈夫」
「大丈夫」


大丈夫ばかり言っていると
 
本当は、「大丈夫」では  なくなる。



コロナは大変、国難です。
見えない敵は恐怖しかない。


これじゃ
景気が上がるはずがない。


手洗い マスク
信じるしかない。




20200329 新型コロナ外出自粛?

外出自粛で、この混雑か~。

自粛の前に、まず距離だな。
距離を決めないと。


それと、ここまできたら
強制的に外出禁止に
してほしい。

中途半端はみんな疲れる。
中途半端は中途半端な答えになる。



枯木と花


前のコラムに
枯れ木も山のにぎわい」を書いた。


でも
やっぱり
華に人は集まる。


20200328 エコ.グリーン設計のさくらちゃん

エコのさくらちゃん
がんばれー



コロナ対策


毎日毎日
緊張感を持って生きよう!



【泳ぎ上手は川で死ぬ】

 自分の力を過信するあまり、
得意なことで失敗することのたとえ。



20200327 キレイな海


「なるほど~」

油断すると川で死ぬってことですね。
(写真は海ですが…)



【よく泳ぐ者は溺る】

うまく泳ぐ者は油断をして溺れる。




こだわり


こだわるから

色々見えるし
色々考えられる



こだわるから

視野が広がる



視野が広がると

もっと色々見えてくる


鈍感がどれだけ狭いのかがわかる



無関心が

どれだけ楽なのかがわかる




結論

無関心と鈍感はビジネスでは

絶対に成功しない

「今」


未来は「今」の積み重ね。




「今」をがんばらないと

多分がんばれない。




「明日からやる」は、

今日はやらないと言う意味です。




「今日はやらない」は

未来は「ない」。


20200325 「今」が大切