自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME > 小林徹コラム

小林徹コラム

薄情


ペットのワニに食べられた。



20190118 ペットのワニに食べられた。


衝撃的すぎる


人も何でも食べる
ワニだって食べる

野生では普通のこと。



人間の作ったルールは、人間専用。
人間だって守れないんだから。


聞き力


「聞き力」


聞き力がないと
自己中心的になる



ちゃんと聞くこと。


そう
ここなんだ。


無関心は
他人に興味がない証拠。


聞いて上げられる
心を持つこと。

今、何となく気が付けました。
頑張んないと。


20190117-01 職人さんと会議

20190117-02 職人さんと会議

今日は職人さん達と新年会です。

社長には守るべき人が沢山です。
頑張んないと!



本気モード

なんでも
本気でやったことが面白い!


面白いか
面白くないかは


「本気かどうか」


ここだなっ。



20190116 本気モード中

「本気モード中」





甘さを捨てる


自分には「才能」がない。
だから、行動しない。


そーゆー人もいる。


そもそも、
すごい才能のある人の方が少ない。



結局、自分に甘い。


自分は「凡人」だから
と言ってしまった時点で、


「今のままでいい」
とか
「努力したくない」
と言っているようなものだ。



「才能」が、
自分になくても仕方ない。


言い訳を積み重ねるより、
無いなりに 向き合い、「努力」を継続する方が「カッコいい」


と、
僕は思う。



ピリッと

20190114 ピリッとする寒い朝

寒い朝はピリッとする。


マラソンは気持ちがいい。


ピリッとするか
寒くて丸くなるか


どっちも選べる。


そう
自己責任です。



カッコいい男性


「見た目がカッコいい!」だけ
ではモテない。


中身が伴っていなければ
すぐにバレる。すぐに飽きる。



カッコいい男より、
カッコつけられる男になれ!

見栄をはれる男になれ!


「見栄をはる」ところで
はれないのは小さい男だからだ。

よく分からないが、
生き方のことらしい。


カッコつけられること。

つけるべきところで
楽を選ぶ男に魅力はない。

よく分からないが、
「お洒落」をすべき時に
楽を選ぶなってことらしい。


20190113 カッコいい男性


ぶれずに自分の道を行こう。
人は言いたがるから…



言いたいヤツには言わせておけ。
そう、 自分の道を進め。




20190112 現場作業中

現場作業中です。
何をしているのかを説明すると
長くなるので、やめときますね。
今日も緊張感がありました。
充実  充実  (^^)



目標


できない目標は
ただの妄想です。



「妄想」を自慢気に語っても
重みがない。


その人の価値を下げるだけだ。



20190111 関東平野

神社とお寺

20190110 神社とお寺

神社とお寺

しっかりしたルール(おきて)があるらしい。



一年に1度しか行かないのに
こんなに「掟」があるのか~。


鳥居をくぐる前に、まず一礼。
参道は、端を歩く事。
マスク、手袋は駄目。
(まだまだ続く)



こんなに掟があるのなら、鳥居の前で、フィルターをかけるべきだ。


出来る人だけが参拝できる。とか
年間30回以上の人 限定。とか
10万円以上 奉納できる人。とか



年に1回のみで
掟を無視する人は、
Googleマップでもいい。
そんなルールもありな時代だ。




決意表明


「神」とは
人の弱さが作った産物に過ぎない。

アインシュタインの言葉です。



20180109 決意表明


山や海
音のない時間に立つと凛とする。

神様がいるか、
いないかは人による。

人の心が決めること。