自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME > 小林徹コラム

小林徹コラム

低い山ほど

20190531 高く

「低い山ほど迷う」


低いから
簡単に道が作れし、
沢山の道がある。


低い山は迷路みたいだ。


高い山は迷わないが「険しい」
根性がないと、すぐに墜ちる。


背中を向けずしっかり歩く


「誰にでも好かれる人になる」


う~ん。そこは  いいかなぁ。


誰にでも合わせるだけでは、
自分がない。

つまらない気がします。



自分の信じた道を
背中を向けずしっかり歩く。



ぶれなければ
人は認め、繋がりは強くなる。



それがいいと思う。



除菌は大事



20190529 さりげなく除菌中

総務同行で打ち合わせです。
私は助手席で仕事中。

彼女はさりげなく除菌中。

こんなに陽気がいいのに
なんでか冬空に見えます。



あえて


「面倒くさい」

楽なこと。
都合のいいこと。
面倒くさいこと。
みんな逃げて生きる。



成功者は、あえて その経験を選ぶ。

すると
人生の幅が出来る。
人生が豊かになる。



「あえて…」
ここの違い。

「あえて…」
ここの気持ち。


見えかた

顔のシワ
あなたがくれた贈り物


いい言葉ですね。

自分の心をどこに置くかですよね。



20190527 毎日毎日、現場作業。 何十年もこの繰り返し。 シミもシワも盛り沢山です。

毎日毎日、現場作業。
何十年もこの繰り返し。
シミもシワも盛り沢山です。



シンプル


出来ることから

少しずつ努力を重ねる



これしかない

20190526 静岡で講演をさせていただきました

今日は静岡県藤枝市での講演です。

静岡県は温和な地域
温厚な心が育つそうです。

生きてきた環境は重要なんですね。




うどんセットを頼んでみた。

どんなセットか
見ないで頼んでみた。



「雑!」



20190525 うどんセット



期待値以下は残念だ。

まさかの  ご飯のせだ~。


雑!!


雑は楽だ。

人も物も雑は楽だ。


雑巾、乱雑、粗雑 

「雑」は、あまり歓迎されない言葉です。


自分に使われないように。




折れない自分を創る


うん~。

納得がいかない!

何度も
何度もやり直し。

今日は負けです。
自分の下手くそにイライラした。

たけど 辞めない

今日は負け

(涙)

明日はきっちり取り返す。

「折れない自分を創る」

人生負けっぱなしはつまらない。


20190524 自分が決めたボーダーライン以下は やり直し。

自分が決めたボーダーライン以下は
やり直し。




「快」か「不快」


続けようと思うもの
やめようと思うもの



その判断基準は
「正しいかどうか」ではない。



快か不快です。


不快なら逃げたくなる。
快楽なら続く。


20190523

残業中
現場作業は居心地がいい。
「快だ」




自分の未来の為には


努力してこなかった人の話は
つまらない。


そこには
説得力も、迫力もない。


努力してこなかった人のひがみや、愚痴もつまらない。そういう話はワクワクしない。


新しいことに「挑戦」する。

ここが、重要。
自分の未来の為には
「挑戦」しかないんです。


悲観的な見方や意見も大切。
でも、覇気のない意見は論外。


「後ろ向きの姿勢では、山は登れませんよ。」