自然にやさしく、住む人に優しい 居心地のよい生活空間

HOME > 小林徹コラム

小林徹コラム

茗荷(みょうが)

20201018 (3) みょうが

「みょうが」を食べると馬鹿になる


①物忘れが激しかった昔のお坊さんのお墓からミョウガが生えてきたという説。

②ミョウガは刺激が強い薬味なので子供にあまり食べさせないように親が言い出したという2つの説があるそうです。


「秋みょうが」今が旬。


20201018 (1) みょうがの花

このふにゃふにゃしているのが「花」です。あまり美しくないなぁ

お客様宅のお庭で、茗荷ビュッフェ中。


20201018 (2) みょうがブッフェ

浪費

バカみたいに呑むだけ。これは浪費。

色々な体験をする。これは投資。

浪費する人
投資する人

成長できる人と
そこにいる人で
浪費にも投資にもなる。

20201017 秋の空

もう、秋の空気感です。
空も木も陽射しも空気も秋モード


自分で決めた今


自分の選択に文句を言う

自ら選んだ選択なのに愚痴を言う


「自分で決めたならブレずに貫け」


20201016 (1) 防草シート
20201016 (2) 防草シート

安い防草用シートは、早ければ一年で
草が貫通する。

こんなの防草シートって言っていいのかょ。

安物買いの銭失い。とはこの事です。

ムダになるかどうかの境界線は、
「その値段だから買う」ではなく、
「この商品だから欲しい」です。


「あれでいい」じゃなくて、
「これがいい」と買っているものに失敗は少ないのではないでしょうか。


失敗しない方法


「楽」に生きることは簡単。


チャレンジしないこと。


挑戦しなければ失敗はしない。



20201015 (1) ハロウィンスイーツ

20201015 (2) スイーツ

でも、挑戦しているお店に人は集まる。

プラスのパワーに人は集まる。



「現実化」

 
夢は小さくても大きくてもいい。
 
問題は
叶えられるか、どうかだ。


身の丈に合わない「夢」は
ただの妄想になる。

わがままな妄想だけでは
現実化できない。

小さくても
「現実化」に意味がある。


行動できない人


正しいか、間違いなのか。

善なのか、悪なのか。

言葉では理解できるが
行動できない人がいる。


ゴミが落ちていたら拾う。
爪が不衛生なら切る。
「それは当たり前」

しかし、
言葉では理解できるが
行動できない人がいる。


それは
どーでも いいって思っているからです。

どーでもいいって思っているから
行動できないんです。


どーでもいいって思ってなければ
行動するでしょ。

行動しない人は口だけの人
口だけの人は価値がない。

そんな人の話、軽いし興味がない。


20201011-01

20201011-02

ゴミはゴミ箱へ
でも ここにある。
こんなに口だけの人がいる。




伝わったこと

衣食足りて礼節を知る
いしょくたりてれいせつをしる


【意味】
 人は生活に余裕ができて、
初めて礼儀や節度を
わきまえられるようになるということ。


じゃ~
それでもできない人はどーよ。

人の価値観は難しい。



伝えたいことと
伝わったことは必ず一致しない。


20201010 トイレアナウンス

喫煙もするし
トイレットペーパーもなくなる



気づける人でありたい


苦しいこと。
辛いこと。
我慢してること。



全部 分かってあげるのは大変。



でも

ひとつでも多く
気づける人でありたいって思う。



少しでも高く
いろんな角度から
見ることのできる人でありたいって思う。



20201009 いろんな角度で

人間的な要素


ビジネスは
合理的な経済活動だけではない。

人間的な要素が
スゴく大切で、重要だと思う。



「合理的な解決法」だけなら
本に沢山書いてある。


しかし、ビジネスは
細部への 心遣い。
気遣いで成り立っている。

とにかく
細かいところに こだわること。



こだわれない人は
多分、勝てない。


20201008 人間

決意表明


「立派すぎる決心」は続かない。


「軽い決意表明」は、すぐにやめる。


口に出すのは簡単だ。


でも、行動しないと宣言した言葉以上に失うものが沢山ある。


一瞬の軽い「決心」は、
ただの感想です。


「残念」


20201007 決意表明